豊橋で決断 ジャーナリストになるため英語への挑戦

こんにちは(^^)

今日は少し昔のお話し、ある意味ジャーナリストになる契機になった話しをしたいと思います(^.^)

実は私、10年くらい前に会社をクビになりまして、そのいきさつは典型的な”パワハラ”でした。当時はあまりのことに日々を過ごすことにせいいっぱいで状況がよくわからず、なんでこんなことになるのかとあたふたしていたのですが、時間がたってから当時のことを振り返ると、あれがまさにパワハラだったのだとわかりました。

何があったかというと、ある日いきなり会社側から辞めるように言われ、しかも”自己都合で”辞めたことにしろと言われました。私はそれを断ったのですが、そこからの会社側の嫌がらせがすごかったです。

会社を去るまでの(それ以前から不信感を抱いていたので、辞めることには同意していました)1か月くらいは電話をとりづらくされたり、てきとうな口実で机を明け渡せと言われたり(他にあまっている机があったのに)、あげくに会社に来るなと言われたり・・、これでもかというくらいのパワハラです。小さい事務所で同僚と言える人がいなかったですし、相談できる人もいませんでした(>_<)

昔からの友達が話を聞いてくれて、一緒に怒ってくれたのが救いです。親はなかなか状況を理解してくれなかったので(こういう現実があることが信じられなかったようです。

会社を去る日にも、保険の手続きに必要な書類を作ってくれなかったので、その後はハローワークなどに相談しました。職員の人には、こういうことはけっこうよくあることだと言われました・・。

女性であるがゆえに、なんでこのような扱われ方をしなければならないのか、すごく腹立たしく感じました。昔、旅行で行ったNYはもっと女性が平等に(男女はもちろん、人種の違いも超えて!)活躍できる場所だと感じました。

私はそこから、英語を必死で勉強しました。

特にビジネス英語を必要としていたので、「豊橋で英会話を調べてみました」というサイトで見つけた勉強法がとってもためになりました(^^)

結果、英語力もあがり、今ではジャーナリストとしてNYを拠点に生活を出来ています!

カラダをいたわり快適生活!

 

こんにちは!(^^)!

私は55歳のみゆきです、仕事はフォトジャーナリストをしています。私はニューヨークに長く住んでいて、独身で、家族はいません。
ニューヨークに住んでいた頃、日本人の友達のアパートを訪問していて、友達夫婦と一緒に出かけることになったのです。友達は2階に住んでいて、私は出かけるために階段を下りていたのですが、カーペットが敷いてあったので、滑って階段から転げ落ちてしまったのです。その時にグキッという音が聞こえたような気がしました(T ^ T)
友達が駆け寄ってきて「大丈夫?」と言いました。私は大丈夫ではなかったので、大丈夫じゃないと答えました。そして、右足首を見たらものすごく腫れてきて、それを見た友達は「きっと骨が折れてるよ」と言いました。私はとても歩けるような状態ではなかったので、ボーイフレンドに来てもらって、病院に行くことにしました( ? _ ? )
病院ではレントゲンの撮影がされたのですが、病院の先生が靴下を脱がせようとしたので、ハサミで切ってくださいと言いました。そんなに痛いのか?と聞かれたので、痛いと答えました。それで、レントゲンの撮影がされたら、骨は折れていなかったのですが、ひどい捻挫になってしまって、患部を湿布で冷やすことになりました。それで、片足だけの生活になったのですが、同棲していたボーイフレンドとはあまりいい仲ではなかったので、本当に大変でした。1週間くらいしたら、なんとか歩けるようになりましたが、まだまだきちんと歩けるような状態ではありませんでした(T ^ T)
それでも、生活しなければならず、それ以来正座ができなくなってしまったんです。。。
とても痛くてつらい思い出ですが、階段がそれ以来怖くなりました。

この出来事を契機に、健康に気を付けて快適な生活を営んでいくことを大切さを痛感しました!!このブログでは友人から聞いたりした健康に関する情報を中心に色々な情報をシェア出来たらと思います☆

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !